アビスパ福岡/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > アビスパ福岡

DIVISION2チーム アビスパ福岡

アビスパ福岡は、福岡県福岡市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
ホームスタジアムはレベルファイブスタジアム、練習場は福岡市東区の福岡市雁の巣レクリエーションセンター球技場である。1994年9月に設立されたアビスパ福岡株式会社(2006年に福岡ブルックス株式会社から商号変更)が運営会社となり、1996年にJリーグへ加盟した。
チーム名のアビスパは、ラテン語で"鳥"や"飛び立つもの"を意味する「AVIS / アビス」から発想し、スポーツ文化が地域に根ざすとともに、世界に向けて躍進していくようにとの願いを込めている。加えて、「AVIS」から派生したスペイン語「AVISPA / アビスパ=熊ん蜂の意」とすることにより、蜂の行動特性からくる"軽快"、"統制力"、"多様なグループ攻撃"といったチームが目指すサッカースタイルを表現している。
クラブマスコットは、熊ん蜂をモチーフにした「アビーくん」と、「ビビーちゃん」。

クラブの前身となったのは、1982年に静岡県藤枝市で創部された中央防犯サッカー部。1991年に日本サッカーリーグ2部に昇格、1993年にジャパンフットボールリーグ1部に昇格した。1994年に「中央防犯FC藤枝ブルックス」と改名してJリーグ昇格をめざしたが、ホームスタジアムである藤枝市民グラウンド球技場のJリーグ基準への改修が困難であることや、藤枝市総合運動公園サッカー場の完成が2002年になるためなどといった理由から、Jリーグクラブ誘致に動いていた福岡市の要請を受け、1995年に福岡市にホームタウンを移し、チーム名を「福岡ブルックス」と改名してJリーグ準会員となった。しかし、ブルックスが紳士服メーカー「ブルックス・ブラザーズ社」の商標で商標権侵害の恐れがあるため、Jリーグ昇格に合わせチーム名を「アビスパ福岡」に改めた。
1996年~1998年は監督交代を繰り返し、成績の方も17位、18位と2年連続シーズン最下位と低迷、1998年末のJ1参入決定戦ではぎりぎりのところでJ1参入を決めた。特に11月19日の川崎戦(J1参入決定予備戦)は劇的な結末で、後に「神を見た夜」としてビデオ化された。
2000年には、リーグ戦6位とクラブ史上最高の成績を収めるが、2001年には、降格回避まであと1勝というところで、以降の試合を全敗し、最終的に年間成績15位となりJ2へ降格が決まった。2005年にJ1に復帰するも、それ以外のシーズンにおいてはJ2に留まっていたが、2010年9月12日に千葉、11月20日に東京Vと昇格争いのライバル相手に、ホームゲームで劇的な勝利を収め、アウェーで岐阜を破った11月23日に4位の千葉が草津に敗れ3位以内が確定、5年ぶりのJ1復帰を決めた(最終順位は3位)。外国籍選手は李と孫の2人のみであったため、この年のリーグ戦での全得点を日本人選手が挙げた。2011年シーズンは、成岡や中町の負傷離脱、エース・城後の不調、守備の崩壊などの悪い要素が重なり続け、10月22日、アルビレックス新潟に3-1で敗戦したことで16位以下が確定し、J2降格が決定した。さらに最終節でC大阪に1-7で大敗し、そのまま17位でシーズンを終えた。鹿児島市出身の前田を始めとして九州にゆかりのある人物で戦っていく「オール九州」の方針を打ち出し、同時に1年でのJ1復帰を目指したがJ2リーグ戦18位でシーズンを終えた。

2013年、開幕連勝スタートで好調な滑り出しだったが、直後に5試合勝ちなしで15位まで順位を下げる。6月19日には、金城クリストファー達樹が加入し、ルーマニアからブラティスラフ・プノセバッチを獲得したが、11月10日、6位以内の可能性が消滅し、14位でシーズンを終える。バトルオブ九州では、福岡ダービー連勝で2度目の制覇となるが、天皇杯は、初戦で栃木SCに敗退。

ユニフォームのメインカラーは“ネイビーブルー”。ネイビーは海をイメージしており、荒々しい玄海灘と静かな博多湾という異なる2面性を持つ福岡の海は、プレーはアグレッシブに、頭はクールに、というアビスパ福岡の選手のプレースタイルを表しています。

法人名 アビスパ福岡(株)
呼称 アビスパ福岡
クラブ所在地 〒813-8585 福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17
TEL:092-674-3020(本社)/092-608-3011(雁の巣)
FAX:092-674-3022(本社)/092-608-3833(雁の巣)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:092-674-3020
アビスパ福岡
活動区域
ホームタウン
福岡県/福岡市
ホームスタジアム レベルファイブスタジアム
練習グラウンド

・雁の巣レクリエーションセンター球技場
〒811-0204 福岡県福岡市東区大字奈多1302-53

チーム名の由来 アビスパ(AVISPA)はスペイン語で熊ん蜂を意味する。「ハチ」の行動特性からくる「軽快」「統制力」「多様なグループ攻撃」を表し、チームが目指すサッカースタイルを表現している。
クラブマスコット 愛称「アビーくん」。
チーム名である「アビスパ=熊ん蜂」をマスコット化。2000年2月アビーの恋人「ビビーちゃん」誕生。2003年8月結婚。
クラブカラー ネイビーブルー、シルバー、ブルーベールダンス
Jリーグ加盟年 1996年
アカデミー(育成) ・U-18:アビスパ福岡U-18
・U-15:アビスパ福岡U-15
主力選手

■坂田 大輔 Daisuke SAKATA
背番号:11 ポジション:FW 身長 / 体重:175cm/72kg 生年月日:1983/01/16

   

■城後 寿 Hisashi JYOGO
背番号:10 ポジション:FW 身長 / 体重:182cm/77kg 生年月日:1986/4/16

■古賀 正紘 Masahiro KOGA
背番号:5 ポジション:DF 身長 / 体重:185cm/80kg 生年月日:1978/9/8

HOME > Jリーグについて > アビスパ福岡
エクシオSPECIAL MATCH 婚活パーティー100vs100

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ