ギラヴァンツ北九州/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > ギラヴァンツ北九州

DIVISION3チーム ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州は、日本の福岡県北九州市ホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2009年11月30日までのチーム名は、ニューウェーブ北九州。
ホームタウンは福岡県北九州市、ホームスタジアムは北九州市立本城陸上競技場である。練習場は門司区新門司北の新門司球技場および北九州市立本城陸上競技場に隣接する本城運動場となる。新門司球技場は特定非営利活動法人北九州フットボールクラブ(北九州FC)が同球技場を含めた北九州市立新門司体育施設全体の指定管理者となるため、優先的に使用できる。
元々のチーム名称は「ニューウェーブ北九州」であったが、商標登録の関係で商品の製作、販売などに支障を来たすという理由から、公募によって2009年10月2日にイタリア語で“ひまわり”という意味の「Girasole」と“前進する”という意味の「Avanzare」を組合せた造語「ギラヴァンツ北九州」とすることを発表し、12月1日より改称された。
チームマスコットは、ズグロカモメをモチーフとしたもので、2009年まで愛称はウェービー(Wavy)であったが、クラブ名の変更に合わせて2010年からギラン(Giran)へ変更されている。

クラブの前身となったのは、1947年創設の三菱化成黒崎サッカー部。1995年に三菱化学黒崎フットボールクラブへチーム名を変更した。九州サッカーリーグでは7回のリーグ優勝を果たした。
2001年、北九州市と地元企業などが共同で設立した北九州FCへクラブ運営を移管して「ニューウェーブ北九州」へ改称。
2007年、九州リーグで18年ぶりにリーグ優勝。全国地域サッカーリーグ決勝大会は、1次ラウンドを1勝1PK勝で通過。決勝ラウンドは1勝1敗1PK負けながら、得失点差でファジアーノ岡山に次ぐ2位で2008年からの日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めた。福岡県のチームとしてはアビスパ福岡以来13年ぶり、北九州市を本拠とするチームとしては新日鉄八幡サッカー部が日本サッカーリーグ(JSL)から九州リーグへ降格した1991年以来17年ぶりの全国リーグ所属クラブとなった。2009年11月23にアルテ高崎を破り、年間4位以上が確定(最終順位も4位)。11月30のJリーグ臨時理事会で2010年からのJリーグ加盟が承認された。2008年はJリーグ加盟基準の1試合平均3,000名に遠く及ばなかった観客動員も、開幕戦のジェフリザーブズ戦で9,856人、前期第14節のV・ファーレン長崎戦で8,157人など、後期第15節のFC琉球戦の時点で、平均3,000人以上の基準となる年間通算観客数51,000人を突破した。
2010年にJリーグ ディビジョン2に参加するに当たって、チーム名を「ギラヴァンツ北九州」と改めた。シーズン中は得点力不足に苦しみ、リーグ戦1シーズン29試合連続勝ち試合なし、リーグ戦31試合連続勝ち試合無しのそれぞれJリーグワースト記録を更新(それまでは2003年から2004年シーズンの鳥栖)した。2011年はシーズン目標の「勝点56」を達成し、順位も一時は5位へ上げた。シーズンを通して連敗は2度のみで、最終順位は8位でシーズンを終えている。

2012年9月28日、2013年度のJリーグクラブライセンス申請において、J2ライセンスの交付を受けた。これにより、J1昇格プレーオフへの参加を含め今シーズン終了後のJ1昇格の可能性は閉ざされたものの、最終節まで3連勝でシーズンを終え、勝点は前年の58を上回る64を獲得。順位は前年の8位こそ下回ったものの、最終的に9位の成績で終えた。

2013年、監督に元日本代表の柱谷幸一が就任し上位を狙ったが、リーグ戦は、10位につけたのがシーズン最高順位で最終成績は、昨年度を下回る16位に終わる。バトルオブ九州は、3年連続の優勝は成らず、天皇杯は、JFL・AC長野パルセイロにPK戦で3回戦で敗退。

ユニフォームのメインカラーは“イエロー”。

法人名 (株)ギラヴァンツ北九州
呼称 ギラヴァンツ北九州
クラブ所在地 〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル2F
TEL:093-863-6777(代表)
FAX:093-863-6666(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合わせ先
TEL:093-863-6777
(株)ギラヴァンツ北九州
(9:00~18:00/月~金/土・日・祝日は休み。ホームゲーム開催日の翌週月曜日は休業)
活動区域
ホームタウン
福岡県/北九州市
ホームスタジアム 北九州市立本城陸上競技場
練習グラウンド

・新門司球技場
〒800-0113 福岡県北九州市門司区新門司北2-6-2

・本城運動場
〒807-0806 福岡県北九州市八幡西区御開4-16-1

チーム名の由来 イタリア語で“ひまわり”という意味の「Girasole」と“前進する”という意味の「Avanzare」を組合せた造語。ひまわりは、ホームタウンである北九州市の市花で、太陽に向かって力強く伸びていく元気を象徴するもの。「Girasole」は、本来「ジラソル」と発音するが、ここでは「ジラ」部分を「ギラ」と読み、太陽の輝きと躍動を想起させる強い語感とした。「北九州から日本、アジア、世界へと飛躍すべく、常に前進を続ける光り輝くチームでありたい」「サポーターや地域が輝き、元気になる、その象徴でありたい」という願いを込めている。
クラブマスコット 愛称「ギラン」。
北九州市小倉南区の曽根干潟に飛来する「ズグロカモメ」をモチーフに。エネルギッシュに描かれた翼は、「北九州から日本、アジア、世界へはばたこう」というクラブの思いを表わすとともに、スポーツのスピード感を表現している。
クラブカラー イエロー
Jリーグ加盟年 2010年
アカデミー(育成) ・U-18:ギラヴァンツ北九州 U-18
・U-15:ギラヴァンツ北九州 U-15
・U-12:ギラヴァンツ北九州 U-12
主力選手

■本山 雅志 Masashi MOTOYAMA
背番号:41 ポジション:MF 身長 / 体重:175cm/65kg 生年月日:1979/6/20

■井上 翔太 Shota INOUE
背番号:10 ポジション:MF 身長 / 体重:170cm/63kg 生年月日:1989/4/24

HOME > Jリーグについて > ギラヴァンツ北九州
エクシオSPECIAL MATCH 婚活パーティー100vs100

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ