ジュビロ磐田/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > ジュビロ磐田

DIVISION1チーム ジュビロ磐田

ジュビロ磐田は、日本の静岡県磐田市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
ホームスタジアムは磐田市にあるヤマハスタジアムであり、他に近接地の袋井市にある静岡県小笠山総合運動公園スタジアムを準本拠地とし、清水との静岡ダービーや浦和との対戦などで使用する。正式なホームタウンは磐田市のみであるが、近隣の浜松市、袋井市、掛川市などでもホームタウン活動を行っている。試合開催時のシャトルバスも磐田駅と浜松駅から運行している。

通常の練習は同市内にあるヤマハ大久保グラウンドと、隣接する磐田スポーツ交流の里・ゆめりあを使用している。また、女子サッカークラブとして「ジュビロ磐田レディース」、フットサルクラブ「DELIZIA磐田(ジュビロ磐田フットサルクラブより改称)」といった姉妹チームも有している。
クラブ名の「ジュビロ」はスペイン語、ポルトガル語で「歓喜」を意味し、すべての人々に感動と喜びを与える 意味をこめて名づけられた。

クラブの前身は、1972年に創部された「ヤマハ発動機サッカー部」。県リーグからスタートし、東海社会人リーグを経て、1979年に日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格した。翌1980年にJSL1部に昇格し、その後1度の降格を経験するものの、1987年にはJSL1部で優勝を飾るなど、JSLを代表するチームのひとつとなった。1991年のJリーグ発足にあたって参加を名乗り出たが、規定の収容人数を満たすスタジアムを用意出来なかったことなどにより、選出から漏れた。その後もJリーグ参加を目指し、1992年に発足したJFLに加盟して優勝を飾った。また、同年には運営会社のヤマハフットボールクラブが設立された。Jリーグ開幕年の1993年もJFLでシーズンを迎えたが、この年にJリーグ準会員となるとともにJFLで準優勝し、翌年からのJリーグ参加が承認された。また、クラブ名は「ジュビロ磐田」と改称された。

1994年よりJリーグに参加し、ナビスコカップでいきなり準優勝するなど健闘した。その後も着実に強さを身に付け、1997の第2ステージで優勝。チャンピオンシップでも優勝し、年間優勝を遂げた。数々のタイトルを手にしながら、1999年にはACLの前身であるアジアクラブ選手権で優勝し、国際タイトルを獲得した。2002年にはJリーグの第1、第2両ステージを制し、Jリーグ初のリーグ完全制覇を遂げた。しかし、2003年度の天皇杯優勝を最後にタイトルから遠ざかり、2008年には成績が降格圏まで低迷したこともあった。2009年以降はリーグの成績は振るわなかったが、2009年・2010年と前田遼一が2000年の中山雅史以来となる通算2度目、そして史上初の2年連続のJリーグ得点王を獲得した。更に前田は2年連続2度目のベストイレブンにも選ばれた。2011年は開幕戦に勝利するとその後は上位キープに成功。リーグ戦の前半が終わった時点で7位と躍進した。スルガ銀行チャンピオンシップを、PK戦の末にインデペンディエンテを2-2(PK 4-2)で破り、12年ぶりの国際大会優勝を飾った。リーグ戦は最終的には8位であったが、4年ぶりに一桁順位、得失点差がプラス、勝敗も5割とし、近年では1番良い成績で終えた。

2012年、J1リーグ戦の前半は好調で、最高で2位まで浮上するなど好調だったが、後半戦調子を落とし最終的には12位と前年を下回る結果となってしまった。

2013年、J1リーグ戦は、最下位に転落後、5月4日に森下監督を解任。その後、16位に浮上するが、第31節の鳥栖戦に敗れて、J2降格が決定した。天皇杯は3回戦でJ2の札幌に敗れた。

ユニフォームのメインカラーは“サックスブルー”。

法人名 (株)ヤマハフットボールクラブ
呼称 ジュビロ磐田
クラブ所在地 〒438-0025 静岡県磐田市新貝2500
TEL:0538-32-1148(代表)(9:00~18:00/日・月休み)
FAX:0538-37-4464(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:0538-36-4670
(9:00~18:00/日・月は休み)
(株)ヤマハフットボールクラブ
活動区域
ホームタウン
静岡県/磐田市
ホームスタジアム ヤマハスタジアム(磐田)
練習グラウンド

・ヤマハ大久保グラウンド
〒438-0002 静岡県磐田市大久保891-106

チーム名の由来 ジュビロ(JUBILO)はポルトガル語、スペイン語で「歓喜」の意味。サポーターをはじめとするすべての人々に夢と感動を与える。
クラブマスコット 愛称「ジュビロくん」。
静岡県の県鳥“サンコウチョウ”がモチーフ。性格はチーム名ジュビロ(歓喜)に表されるように、底抜けに明るく情熱的。小柄な体を生かした華麗な飛行はスピーディでトリッキーなジュビロの攻撃イメージを象徴。2003年ガールフレンドの「ジュビィちゃん」誕生
クラブカラー サックスブルー
Jリーグ加盟年 1994年
タイトル

【J1リーグ戦】優勝:3回(1997、1999、2002)

[ステージ優勝]:6回(1997 2nd、1998 1st、1999 1st、2001 1st、2002 1st、2002 2nd)

【リーグカップ戦】優勝:2回(1998、2010)、準優勝:3回(1994、1997、2001)

【天皇杯】優勝:2回(1982、2003)、準優勝:2回(1989、2004)

【日本サッカーリーグ】優勝:1回(1987/88)

【アジアクラブ選手権】優勝:1回(1998/99)、準優勝:2回(1999/2000、2000/2001)

【アジア・スーパーカップ】優勝:1回(1999)

【スルガ銀行チャンピオンシップ】優勝:1回(2011)

アカデミー(育成) ・U-18 ジュビロ磐田U-18
・U-15 ジュビロ磐田U-15
・U-12 サッカースクール(磐田/浜松/掛川)
主力選手

■中村 俊輔 Shunsuke NAKAMURA
背番号:10 ポジション:MF 身長/体重:178cm/71Kg 生年月日:1978/6/24

■川又 堅碁 kengo KAWAMATA
背番号:20 ポジション:FW 身長/体重:184cm/76Kg 生年月日:1989/10/14

HOME > Jリーグについて > ジュビロ磐田

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート


スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

▲ページトップへ