徳島ヴォルティス/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 徳島ヴォルティス

DIVISION2チーム 徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティスは、日本の徳島市、鳴門市、美馬市、板野町、松茂町、藍住町、北島町を中心とする徳島県全県にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
ホームスタジアムは、大塚製薬サッカー部時代は主に徳島市球技場を使用していた。また1993年までは徳島市にある大塚製薬徳島工場グラウンドも併用していたが、Jリーグ加盟後は徳島県鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで開催している。2012年1月1日、県内の経済団体から、徳島駅北の公有地に商業施設を備えた複合施設「街中スタジアム」を建設する構想が打ち出され、徳島ヴォルティスのホームスタジアムとして利用することが想定されている。
「ヴォルティス」とは、イタリア語で渦を意味する「Vortice」から生まれた造語。豪快な鳴門の渦潮のように、パワー・スピード・ 結束力を兼ね備え、観客を興奮の渦に巻き込むチームを目指しています。
クラブマスコットは、「ヴォルタくん」と「ティスちゃん」。伝説や民話など徳島の文化に縁深い『狸』をモチーフに設定し、大の仲良しペアにする事でその強い関係性を表現し共に夢を、抱き、勝利に向かい協力し合う理念を具現化したとのこと。

クラブの前身となったのは、1955年に結成された「大塚製薬サッカー部」。1978年から四国社会人リーグで4度の優勝、1990年には日本サッカーリーグ2部へ昇格を果たした。1992年からはジャパンフットボールリーグ、1999年からは「日本フットボールリーグ」(JFL)へそれぞれ参加。2003年および2004年にJFLで連続優勝を果たした。
Jリーグ参加には慎重な姿勢であったが、2004年9月に運営法人が設立され、Jリーグ加盟を申請。2005年からのJリーグ ディビジョン2(J2)入会が認められた。
J2初年度の2005年は、7位の湘南と勝ち点2差の12チーム中9位に入ったが、2006年~2008年は3年連続最下位に終わった。2009年には、監督以外のコーチを全員解雇して新たなコーチを招聘、更に昨シーズンから15人の選手を大量に解雇するなど、チーム体制を大幅に変更した。一方で、徳重隆明・三田光・高桑大二朗・上野秀章・井上渉・筑城和人・三木隆司・青山隼などのJ1経験者やぺ・スンジン・ファビオ・日野優などの必要なポジションの選手を獲得。その結果、着実に勝ち点を重ね、19勝5分17敗の9位(18チーム中)と前年を大きく上回る順位でシーズンを終えた。2011年は、チームとして初めてJ1昇格という目標を明言してシーズンに臨んだが、昇格争いの天王山となった11月27日のホームでの鳥栖戦で0-3で敗戦。12月3日の最終節も岡山に敗北。シーズン4位となり、J1昇格はならなかった。

2012年、J2リーグ開幕から2連勝で、第2節終了時に首位に立つなど好スタートを切ったように思われたが、第3節から状況が一転、3連敗2度を含む2分7敗で9試合勝ちなし と絶不調に陥り、第11節終了時には20位にまで順位を下げる。その後はシーズンを通して得点不足とけが人に悩み、怪我人が戻ってきてもまた怪我人が出る など苦しいチーム運営を迫られた。第6節以降シーズン終了までの間は第26節から28節と第31節に12位となったのが最高で、一度も昇格争いに絡むこと がなく、最終節まで昇格争いを繰り広げた前年より大きく順位を落とす15位でシーズンを終えた。

2013年、第22節の札幌戦からクラブ記録となる6連勝で第33節まで12試合連続負けなしで3位に浮上したが、最終はJ2リーグ戦を4位で終了。プレーオフ準決勝はホームで千葉と引き分けたが、規定により決勝に進出。決勝は京都に勝利して四国初となるJ1昇格を決める。

ユニフォームのメインカラーは“藍”。

法人名 徳島ヴォルティス(株)
呼称 徳島ヴォルティス
クラブ所在地 〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字瓢谷2-22 徳島スポーツビレッジ内
TEL:088-672-7339(代表)
FAX:088-672-7262(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:088-672-7339
徳島ヴォルティス(株)
活動区域
ホームタウン
徳島県/徳島市、鳴門市、美馬市、板野町、松茂町、藍住町、北島町を中心とする全県
ホームスタジアム 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
練習グラウンド

・徳島スポーツビレッジ
〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字瓢谷2-22

チーム名の由来 イタリア語で「渦」を意味する「VORTICE」から生まれた造語。豪快な鳴門の渦潮にあやかり、パワー、スピード、結束力を備え、観客を興奮の渦に巻き込む思いがこめられている
クラブマスコット 愛称「ヴォルタくん」「ティスちゃん」
伝説や民話など徳島の文化として縁深い「狸」がモチーフ。狸はペアになると一生離れない関係を築くと言われており、大の仲良しの「ヴォルタくん」と「ティスちゃん」はクラブとサポーターとの強固なる繋がりを象徴している。
クラブカラー
Jリーグ加盟年 2005年
アカデミー(育成) ・U-18:徳島ヴォルティスユース
・U-15:徳島ヴォルティスジュニアユース U-15
主力選手

■大﨑 淳矢 Junya OSAKI
背番号:10 ポジション:MF 身長 / 体重:168cm/68kg 生年月日:1991/4/2

■ニコラ アシチェリッチ Nikola ASCERIC
背番号:9 ポジション:FW 身長 / 体重:196cm/91kg 生年月日:1991/4/19

HOME > Jリーグについて > 徳島ヴォルティス

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート


スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

▲ページトップへ