東京ヴェルディ/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 東京ヴェルディ

DIVISION2チーム 東京ヴェルディ1969

東京ヴェルディ1969は、日本の東京都にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は「東京ヴェルディ」。Jリーグ発足時より参加している10クラブの1つ(オリジナル10)。
ホームスタジアムは、2000年までは神奈川県川崎市中原区にある等々力陸上競技場、2001年から東京都調布市にある味の素スタジアムを使用。

クラブハウス・練習場は、読売クラブ、V川崎時代から一貫して、東京都稲城市と川崎市多摩区に跨って位置するよみうりランド内の練習施設を、男子トップチーム以外の下部組織と一緒に使用している。クラブハウス及びグラウンドは川崎市内だが、京王よみうりランド駅前のよみうりランド本社ビル内に本社が設置されているため、登記上の住所は東京都稲城市となっている。
運営会社は株式会社日本テレビフットボールクラブ。クラブのトップチームの正式名称は「FCニッポン」であり、「東京ヴェルディ」は呼称。「ヴェルディ」とはポルトガル語の「Verde(緑)」に由来する造語である。ホームタウンを東京都に移転した際に、ヴェルディ川崎から東京ヴェルディ1969に改称。この1969は、1969年に前身の読売サッカークラブが創設されたことに由来する。2008年より、チーム呼称から「1969」が外され、「東京ヴェルディ」に変更された。

1969年に日本初のプロサッカークラブを目指して創部された「読売サッカークラブ」が前身。東京都リーグからスタートし、1971年からは関東リーグに昇格した。1972年に、その年創設された日本サッカーリーグ(JSL)2部に加盟。1978年にJSL1部に昇格すると、その後は好成績を収め、リーグ戦やカップ戦、天皇杯など数々のタイトルを獲得するようになり、日産自動車サッカー部などと並んでJSLを代表するクラブとなった。

1991年、Jリーグの創設が発表されると参加を表明し、運営会社の「読売日本サッカークラブ」を設立した。また、スタジアム確保の点から本拠地を神奈川県川崎市とし、「ヴェルディ川崎」の呼称を採用した。リーグ戦の前哨戦として1992年に開催されたJリーグカップで優勝し、翌年開幕したJリーグでは初代年間王者に輝いた。その後もリーグ戦やカップ戦での優勝を重ねるものの、1996年頃から成績が低迷し始めた。1998年のシーズン終了後には、読売新聞社とよみうりランドが経営から撤退し、日本テレビ放送網の全額出資となる。それに伴い運営法人名は「株式会社読売日本サッカークラブ」から「株式会社日本テレビフットボールクラブ」、トップチーム名は「FCニッポン」に変更された。2005年にはJリーグで17位となり、ついにJ2への降格が決定した。翌々年の2007年にJ2で2位となり、J1復帰を果たすも、2008年にわずか1年での再降格が決定した。2009年には、胸スポンサーのサイバーエージェントが撤退、さらに読売グループがプロサッカークラブ運営から完全に手を引く事になり、東京VHDが日テレ保有全株式を取得。10月21日に、運営会社の商号(社名)も株式会社日本テレビフットボールクラブから東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社に変更し、「1969」の愛称が正式名称で復活した。2010年には資金難により2009年の大卒新人3人を全員放出。レアンドロ、大黒と攻撃陣の核となっていた選手も放出され、16人がクラブを去ることになった。2011年シーズンは、J1昇格争いに加わっていたものの、最終的に5位に終わった。

2012年、リーグ戦前半は2位で折り返した。後半戦は8月に入ると勝利から遠のくようになり、8月23日にジョジマールとの契約を解除。9月6日に川勝が監督および 強化本部長を退任。高橋が監督代行の後、9月11日に監督に就任したが、第41節の横浜FC戦に敗れ、7位以下が確定。プレーオフ進出を逃した。最終順位 は7位。天皇杯は3回戦で清水に敗退。なお、シーズン終了後に高橋が監督を退任した。

2013年、リーグ戦は不調が続き、怪我人も相次ぎ、2連勝以上の連勝も一度も無く、最終成績は14勝14分け14敗での13位。Jリーグ創設後、チーム史上最低の成績を記してしまった。
天皇杯は3回戦で川崎フロンターレに敗退した。

2012年、リーグ戦前半は2位で折り返した。後半戦は8月に入ると勝利から遠のくようになり、8月23日にジョジマールとの契約を解除。9月6日に川勝が監督および 強化本部長を退任。高橋が監督代行の後、9月11日に監督に就任したが、第41節の横浜FC戦に敗れ、7位以下が確定。プレーオフ進出を逃した。最終順位 は7位。天皇杯は3回戦で清水に敗退。なお、シーズン終了後に高橋が監督を退任した。

2013年、リーグ戦は不調が続き、怪我人が相次ぎ主力を欠き、最終は14勝14分け14敗で13位。Jリーグ創設後、チーム史上最低の成績と低迷。天皇杯も3回戦で川崎フロンターレに敗れた。

法人名 東京ヴェルディ1969フットボールクラブ(株)
呼称 東京ヴェルディ
クラブ所在地 〒206-0812 東京都稲城市矢野口4015-1
TEL:03-3512-1969(代表)
FAX:044-946-3040(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:03-3512-1969
東京ヴェルディ

TEL:0570-02-9111
チケットぴあ(10:00~18:00)
活動区域
ホームタウン
東京都/東京都
ホームスタジアム 味の素スタジアム
練習グラウンド

・ヴェルディグラウンド
〒206-0812 東京都稲城市矢野口4015-1

チーム名の由来 ポルトガル語で「緑」を意味する「VERDE」から生まれた造語
クラブマスコット 愛称「ヴェルディ君」。
チームマークの中心で羽ばたくコンドルを擬人化したもの。緑のユニフォームに身を包み、右手の親指をたてて、ブラジルスタイルの得意のポーズをしている
クラブカラー グリーン
Jリーグ加盟年 1991年
タイトル

【J1リーグ戦】優勝:2回(1993、1994)

[ステージ優勝]:3回(1993N、1994N、1995N)

【リーグカップ戦】優勝:3回(1992、1993、1994)、準優勝:1回(1996)

【天皇杯】優勝:5回(1984、1986、1987、1996、2004)

【アジアクラブ選手権】優勝:1回(1987/88)

【アジア・アフリカ・クラブ選手権】準優勝:1回(1989)

アカデミー(育成) ・U-18 東京ヴェルディユース
・U-15 東京ヴェルディジュニアユース
・U-12 東京ヴェルディジュニア
主力選手 ■高木 善朗 Yoshiaki TAKAGI
背番号:10 ポジション:MF 身長 / 体重:168cm/65kg 生年月日:1992/12/9
■ドウグラス ヴィエイラ DOUGLAS VIEIRA
背番号:9 ポジション:FW 身長 / 体重:189cm/83kg 生年月日:1987/11/12
HOME > Jリーグについて > 東京ヴェルディ
エクシオSPECIAL MATCH 婚活パーティー100vs100

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ