球団理念/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > 横浜FCについて > クラブ理念

クラブ理念

クラブ概要

会社名 株式会社横浜フリエスポーツクラブ
チーム名 横浜FC
設立年月日 1998年12月25日
資本金 3億4,364万円
代表取締役会長兼CEO 小野寺 裕司
所在地 〒240-0045 神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町522番地3

横浜FCLEOCトレーニングセンター
ホームタウン 神奈川県横浜市
ホームスタジオ ニッパツ三ツ沢球技場

2015シーズン横浜FCチームスローガン

2015年のチームスローガンは『Fight Together』

"常に勝利を目指し、ホームスタジアムニッパツ三ツ沢球技場が満員で喜びと感動に溢れるクラブになれるように全力で挑みます。
横浜FCクラブメンバーとの強い絆、クラブを支える全ての方々の情熱そして協力を大切に、戦い続けます。
クラブ創立17年目のシーズンも、共に戦ってください。"

以上のように横浜FCより表明がありました。

横浜FCチームスローガン Fight Together

チームエンブレム/チームロゴ

横浜FCチーム名の由来は、地域に密着したクラブ作りをめざすため、覚えやすいネーミングに。また、心地よい響きとなるにちがいないと考え命名されました。

横浜FCは、1999年、横浜フリューゲルス(横浜F)が横浜マリノス(横浜M)に吸収合併された後に、横浜Fのサポーター達によって創設されました。ロゴ上部にある「青いリボン」は、1998年の横浜フリューゲルス存続活動において、「青い翼運動」としてサポーターたちが身につけていた、青いリボンに由来しています。 また、下部にある「フェニックス」は不死永遠のシンボルであり、横浜マリノスに吸収合併された事で、事実上消滅してしまったフリューゲルスが、新しい市民クラブ『横浜FC』として生まれ変わった事を象徴しています。 この様に、横浜FCのエムブレムには、このクラブの立ち上げにかかわった全ての人たちの思いが込められています。

ユニフォーム(2015シーズン) テーマは「空」「雲」「海」

2015横浜FC新ユニホーム

2015年横浜FCの新しいユニフォームのテーマは「空」「海」「雲」。
「原点」に立ち返りもう一度チームの信念を見つめなおす意を込めました。
エンブレムに込められた青いリボン、そして蒼きフェニックスの思いと色を身にまとい、チーム、そしてサポーターと一丸となってスタジアムを青色に染める。
「空」 壮大に広がる空のように選手全員がフィールドを支配し、 「雲」 一見誰にも予測のつかない雲のようにフィールドを走り、 「海」 何物にも屈しない広い大海原のように全選手が波状攻撃を仕掛ける そしてスタジアムからはサポーターの蒼色を味方に付けフィールド全てを呑み込み、どのチームにも負けないトランス状態を誘います。

紹介引用:横浜FCオフィシャルウェブショップ

オフィシャルクラブマスコット

特徴…すべてが神秘的 身長、体重伸縮自在

ホームタウン横浜の先進的なイメージと、横浜FCの未来への可能性を広大な「宇宙」と連動させ、宇宙人をモチーフ。 クラブの立ち上げにかかわった全ての人々の願いを背負い、熱い思いを守り続ける不死鳥の使者として誕生。

名前の由来は、「フリ丸」の「フリ」は運営法人の横浜フリエ・スポーツクラブの「フリエ(fulie)」から。「丸」は横浜FCの「前身」でもある横浜フリューゲルスのキャラクターであった「とび丸」から来ているのだそう。

飛ぶ、乗る、走る、笑う、怒る、泣く、遊ぶ、喜ぶ、とぼける…

いたずら好き、好奇心旺盛、早寝早起き、野望がある
ホームゲーム前日はそわそわする…だから神出鬼没。
「ゴール!!」の声に反応する。
スタジアムタイムとプライベートタイムでコスチュームが変わる、横浜FCの影の応援団リーダー。

HOME > 横浜FCについて > クラブ理念

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ